プロフィール
  • 荒木さん/日清ペットフード株式会社
    日清ペットフード株式会社
    荒木さん
  • 北洞さん/オリエンタル酵母工業株式会社
    オリエンタル酵母工業株式会社
    北洞さん
  • 長山さん/日清エンジニアリング株式会社
    日清エンジニアリング株式会社
    長山さん
  • 馬場さん/株式会社 日清製粉グループ本社
    株式会社 日清製粉グループ本社
    馬場さん

「日清製粉グループって、実際はどんな会社?」という疑問に答えるべく、
日清製粉グループ8社で働く同期社員たちが、入社3年目というタイミングで久しぶりに集合。
就職活動や入社してからを振り返ってもらい、日々の仕事や各社の社風、
日清製粉グループなどに対する思いを本音で語ってもらいました。

まずは、就職活動を少し振り返ってもらいました.。

日清製粉グループを選んだのはなぜ?

北洞さん北洞さん
「人の健康に携わる仕事」と「楽しい仕事」という2つをキーワードに就職活動をしていました。“健康”では製薬会社や健康食品のメーカー、“楽しい”では映画会社やテーマパークといった人を喜ばせることをメインにしている会社を受けましたね。その中でオリエンタル酵母工業を選んだのは、健康につながる製薬というカテゴリーの中でも、川上から川下まであらゆるフェーズに携われる幅広さに魅力を感じたからです。
馬場さん馬場さん
私は学生時代にパン屋さんでアルバイトをしていた経験から、食品素材を扱う仕事がしたいと思っていました。さらに、大学では法学部だったので、法律の知識も活かせるといいなと考えていたのです。そういう意味では、日清製粉グループで、かつ専門知識を活かせるスタッフ部門を中心に構成されているグループ本社は理想の職場でした。
長山さん長山さん
私は工学系の研究室に入る段階で、バルブや機器など一つのことに深く携わるより全体をマネジメントすることに興味があったので、プラント建設を学べる研究室を選びました。就職活動では、ミーハーな性格から親や友達に「自分の仕事だよ」と自慢しやすい食品や化粧品業界の工場開発に携わりたいと会社を探していました。最終的に日清エンジニアリングに決めたのは、小麦粉やパン、化粧品など、グループ内外の様々なプラントを手がけられることが面白いと思ったからです。
荒木さん荒木さん
僕は3人ほど立派ではなく…(笑)。就職活動を始めた当時、まだ何をしたいか明確ではなかったので、まずは色々な業界を受けてみましたが、今いちピンと来なかったんです。そこで、活動を続けながら改めて自己分析を重ね、犬が好きだったことを思い出したことがきっかけとなり、日清ペットフードを受けてみたら、選考を通じて自分がやりたい仕事や雰囲気がしっくりきて。こんな回答で、大丈夫ですか?
一同:
(笑)

続いて、説明会や面接を振り返ってもらいました。

同期との初めての出会い

北洞さん北洞さん
私たちは内定者の時から同期が集まる機会が多かったし、気が合う仲間もたくさんできて。 入社前に同期で一緒に旅行に行ったりもしました!
荒木さん荒木さん
若い人たちに期待している感じがすごく伝わっていいね。馬場さん、グループ本社の雰囲気はどう感じた?
馬場さん馬場さん
本社って、黙々とパソコンに向き合っているイメージもあるかと思うけども、全然そんなことはなく、皆さん話し好きで温かい職場だなと感じました。ただ、責任感があって真面目な人は多く、選考の過程でも真面目な質問が多かったですね。
北洞さん北洞さん
面接はオリエンタルと違う(笑)。私が2次面接の時話したのは、出身地の名古屋にある美味しいお店の話だけで30分。正直「落ちたな」って思ったよ。
長山さん長山さん
私も面接は終始和やかでした。本当に全く緊張しなくて、素の自分が出せたと思います。最終面接にいらした社長や専務が大学OBで、学生時代に頑張ったことは何かという話題に。私はテニスが好きで「テニス部の方針と対立して立ち上げたサークルに所属しています」と胸を張って言ったら、専務がその分裂したテニス部出身だったんです!正直ヒヤッとしましたが、爆笑していただいて。本当にいい方だなと思いました。
北洞さん北洞さん
いい話(笑)。日清ペットフードはどんな感じでした?
荒木さん荒木さん
色々思い出しているけど、普通だったなという記憶しかない。でも、それには理由があったんです。後から聞いた話ですが、僕が受けていた当時の面接では、突拍子のない質問で対応力を試すよりも、「普通に受け答えができるか」という基本の部分を重視していたとのことでした今の面接が必ずしも普通という保証はないですよ(笑)面接一つとっても、グループ内でも結構違うんですね。

就職活動に続き、社会人1年目を振り返ってもらいました。

1年目の苦労、そこで学んだもの

北洞さん北洞さん
私は営業なので、最初は商材知識の勉強から入りました。マニュアルを読んだり、分からないときはネットで調べて自分なりのイメージを作って、先輩に質問したり。それでもバイオ分野に関してはほぼ素人だったので、最初は先輩の商談に同行しても、隣で呪文を唱えているように聞こえていました(笑)。さらに、私自身が好きなこともあり、夜はよく飲みに連れて行ってもらっていたので、ぶくぶく太ってしまって…。今、振り返ると、教育というより、食育でしたね(笑)。でも、そのくらい食べるのが好きな人が多いんです。
長山さん長山さん
私の会社も同じ。皆、食べることが好きだよね。荒木さんの1年目はどうでした?
荒木さん荒木さん
僕も営業なのでまずは先輩に同行して現場に。お店の改装や商品の入れ替えが主な仕事でした。オリエンタルに比べると、ペットは専門知識はそれほど要りませんでしたね。半年くらい経った頃から担当を持たされましたが、まだまだ分からないことも多くて。それでも得意先の方が教えてくださったりして、なんとか商談が進むという感じでした。お客様と良い関係が築きやすいのは、日清製粉グループという名前とともに先輩方が築いてきた信頼が大きいなと思いましたね。
北洞さん北洞さん
確かに、日清製粉グループの名前は大きいですよね。私も営業で大学の教授室に伺うことがあるのですが、「良く来たね」という感じで迎えてもらえます。最終商品を売り込むよりも、大学と協力して新薬開発サポートをする会社なので、製薬会社とは違った関わり方をしているからかもしれませんが。教授から「ちょうど話したいことがあったんだよ」なんて言われると、嬉しいですよね。
長山さん長山さん
日清エンジニアリングの1年目は、入社3ヶ月目の6月には惣菜工場の建設現場に出て、4ヶ月間過ごしました。
荒木さん荒木さん
4ヶ月間!?それは泊まり込みで?
長山さん長山さん
そう。静岡の現場だったので、アパートを借りて。現場は男性200人に対して女性は3人くらい。私がヘルメットを被って現場に出ると、子どもが混じっているように見えたみたい(笑)
荒木さん荒木さん
大変じゃなかった?
長山さん長山さん
大変だったけど、なかなかできる経験じゃないし、後々絶対役立つと思って頑張りました。北洞さんと同じで、飲みに行って息抜きをしたりして。
北洞さん北洞さん
大切だよね、息抜き。現場の人たちと飲みに行くとどんな話をするの?
長山さん長山さん
現場あるあるがすごく盛り上がる。最初は工具の名前が分からなくて、頼まれた工具をヤマ勘で持って行くと「何じゃこりゃ!?」と怒られる。それが若手の通る道みたい。現場が終わった後は、営業で神戸や長野へ飛び回っていました。
荒木さん荒木さん
フルパワーの1年って感じだね。グループ本社は、どんな感じ?
馬場さん馬場さん
部署によって違うと思うけど、私の場合は、まずは勉強という感じ(笑)。私は最初の配属から知的財産部だったこともあり、まずは商標に関しての知識を1から学ぶ日々でした。勉強もしつつ、実際の仕事としては、新製品のパッケージが他社の権利の侵害にならないか、各社の担当者とやり取りしながら目を光らせてました。
荒木さん荒木さん
僕たちが新商品を出す時、必ずグループ本社のチェックを受けるのですが、それが厳しくて・・・。何度も書類を出し直します。
長山さん長山さん
確かにグループ本社は厳しいね。でも、意図せずとも法律違反とならないように見張ってくれる最後の砦でもあるんだよね。その知識はどうやって身につけたの?
馬場さん馬場さん
外部の講習会の参加が多かったかな。会社として知識習得をサポートしてくれる環境がすごく整っていて有難かった。実際の仕事でも、先輩からは「まずはやってみて、分からないときは聞いてね」とフォローしてもらえる環境で恵まれているんだなって改めて思います。

社会人1年目を乗り越え、成長した部分について語り合ってもらいました。

壁を越える瞬間、成長の時

馬場さん馬場さん
2年目の中盤あたりでもっとできる範囲を広げていきたいと思って、忙しそうな先輩に「手伝わせてください」と声をかけたことがありました。すると、契約に関わる案件や海外進出のための商標など様々な仕事に携わらせてもらえるようになり、一段成長出来たような気がします。
荒木さん荒木さん
なるほど。僕のターニングポイントは、1年目の2月ぐらい。異動で1人抜けたタイミングでさらに仕事量が増えて、大きな問屋さんの担当が回ってきました。大きな取引先なので失敗できないというプレッシャーがすごかった。その後新入社員が入ってきて先輩になったこともあり、人が入れ替わると気持ちも入れ替わります。
長山さん長山さん
私は1年目に手がけた工場から最初の製品が出荷される瞬間を見て、とても感動しました。でも、それはまだ先輩のプロジェクトという感じで。2年目の4月と夏に、2つ同時にプロジェクトを任されたのが、自分の仕事第一号だと思っています。
馬場さん馬場さん
2年目で任されるんだね。どんな工場だったの?
長山さん長山さん
宮崎のドレッシング工場です。もちろん色んな方に助けて頂いた上でだけど、お客様とやり取りするのも自分だし、怒られるのも、褒められるのも自分。建築も機械の工事も全部請け負ったので、普段以上にものすごく気合いが入りました。建設中は携われなかったんだけど、本当に砂利しかないまっさらな土地から私が設計した工場が建っているのを最後に見たら泣けちゃって。そのプロジェクトはお客様に可愛がっていただいたので、一番印象に残っています。
北洞さん北洞さん
お客様と直接お話できると、意識が変わるよね。私もそんなターニングポイントがあります。2年目の途中で担当した仕事ですが、取引先と商材の原価設定を交渉することになったんです。相手は何十年の経験があるベテラン。先方からの難易度の高い要求を前に何度も挫けそうになりましたが、上司や先輩にフォローしてもらいながら乗り切ることができました。
荒木さん荒木さん
そういう厳しい現場が若手を育ててくれるよね?
一同
はい!

最後に、就職活動中の学生の皆さんに向けて一言いただきました。

いつか一緒に働く君へ、エールを

北洞さん北洞さん
個人的には元気・やる気・愛を持っている人に入ってきてほしい。
馬場さん馬場さん
愛は何の愛?
北洞さん北洞さん
お客様への愛情!元気とやる気だけでは足りなくて、いかにお客様の立場で考えられるかが大切だと思っています。
荒木さん荒木さん
ペットは何かと任せてくれるところなので、「こうしたい」という意志を持っている人には働きやすいと思います。
馬場さん馬場さん
グループ本社は、グループ全体を見渡す広い視野と深く追求する姿勢の両方を兼ね備えた人が向いてると思います。もちろん、コミュニケーション力とか人としての魅力も大事ですよ。
長山さん長山さん
エンジニアリングも少数精鋭の技術集団なので、日清ペットフードと同じように、自分で考えて「こうしたい」と言える人は最初から活躍できると思います。ぜひ、頼もしい後輩に入ってきてもらいたいですね。
一同
ぜひ。

ありがとうございました。

同期座談会01