トップインタビュー
日清製粉グループの「自立と連合」の要となる仕事を。株式会社日清製粉グループ本社 代表取締役社長 瀧原 賢二

日清製粉グループの存在意義とグループ本社の役割

私たち日清製粉グループは、1900年に創業して以来、「信を万事の本と為す」と「時代への適合」を社是とし、「健康で豊かな生活づくりに貢献する」ことを企業理念として成長・発展を続けてきました。日清製粉グループ本社(以下、グループ本社)は、2001年に日清製粉グループ分社化の際にホールディングカンパニーとして誕生しました。分社化によって各事業会社がより迅速な経営判断を行うことで、それぞれの事業分野で「自立」し勝ち残るために、グループ本社は各分野のプロフェッショナル集団として専門知識を磨き、各社の事業を支援してきました。しかしながら、経営環境はより一層変動が激しく、複雑さを増し、そして不透明になってきています。こうした中で、当社グループの存在意義は主要食糧である小麦、小麦粉を始めとする食の安定供給であり、コロナウイルス、ウクライナ問題等不透明な時期にあっても、しっかりと日本の国民の皆様に食を供給し続けることです。グループ本社には、その司令塔としての重要な役割が求められています。コンプライアンスの徹底、品質保証体制の確立は言うまでもなく、デジタル技術や次世代技術の活用、持続的な循環成長の実現のためのCSR重要課題(健康的な食生活への貢献、小麦の安定的な調達、食品廃棄物の削減、気候変動への適応、水資源への取組み、健全で働きがいのある労働環境の確保等)などにグループ本社が先頭に立って取り組むことで、日清製粉グループの社会的プレゼンスを高め、成長のスピードを加速させていきたいと考えています。

事業・領域におけるナンバーワンの実現に向けた取組みと技術開発戦略

新型コロナウイルス感染症の影響による市場環境の不確実性、ウクライナ情勢に起因した穀物や資源相場の高騰等、当社グループを取り巻く事業環境は大きく変化を続けています。このような環境の下、直近においては、歴史的な食糧インフレ等による原材料コストの大幅な増加等への対応を、当社グループの最優先課題と位置付けて取り組んでいます。また、製粉事業の岡山県倉敷市水島地区の新工場立ち上げに向けた準備、社名変更を行った加工食品事業の株式会社日清製粉ウェルナの認知度向上と定着、酵母・バイオ事業のインドでのイースト新工場の立ち上げ等、各事業における長期ビジョン実現に向けた取組みも着実に実行しています。さらに、当社グループで成長分野の一つと位置付けて事業の拡大を図ってきた中食・惣菜事業においては、事業を統括する「株式会社日清製粉デリカフロンティア」の下、製粉事業や加工食品事業との連携による小麦粉、ミックス、パスタを始めとする食に関する開発力を背景に、当社グループ全体での売上拡大に貢献することを目指しています。このように、持株会社である日清製粉グループ本社のもと、各事業が総合力を発揮することで多くの事業・領域でナンバーワンを実現するとともに、グローバル展開に向けた取組みも積極的に推進しています。
また、技術面では、メーカーの中長期戦略においては、技術革新による迅速なコストリーダーシップの確保やまだ充足されていない社会的ニーズを捉えた研究開発が益々重要になってきています。当社グループでは、各事業の研究開発部門が総合力を発揮することで、新規性・独自性があり付加価値の高い製品の研究開発に取り組んでいます。例えば、中食・惣菜の加工技術(廃棄量削減のための消費期限の延長等)、健康の維持・推進(小麦の成分を中心にメタボ予防効果、脳機能やアンチエイジングに関する効果等)、省人化・省力化技術(AI、IoTやロボット活用による惣菜の自動盛り付け装置や画像検査装置等)、非食品粉体の製造・分級技術(太陽電池や二次電池の材料、光触媒等、最先端分野や環境分野向けの独自のナノ粒子作製技術、粉体の分級技術等)などがあります。このように、グループ全体の研究開発戦略の策定や推進もまた、グループ本社が担う重要な役割です。

人を大事にし、人を育てる社風が根付いている

次に、働く場としての日清製粉グループ本社についてお話しします。グループの社是の一つにもある「信」。120年を超える歴史の中で、お客様との信頼関係を構築しそれを維持し続けてこられたのは、先輩たちがこの「信」を大切にして働き続けたからに他なりません。社内に目を向けても、日清製粉グループは人を大事にし、人を育てる社風がしっかりと根付いています。若手社員にも積極的に責任ある仕事を任せる風土がありますし、先輩社員たちが若手の挑戦や悩みをきちんとフォローする制度や環境も整っています。様々な領域に好奇心を持ち、成長し続けていただきたいと思っています。

皆さんの能力・志を「力に変え」、世界中に健康で豊かな生活を届けていく

グループ本社の仕事は、皆さんの想像以上に、自ら考え、自ら行動する機会が数多くある仕事です。それぞれの分野で専門性を磨きながら、目標達成のため周囲を巻き込んでチームを牽引してください。当然、すぐ結果が出るような簡単な仕事ではありませんが、常に一つ上の立場で思考を巡らし、様々な経験を通して能力を磨き、人脈を広げていってください。そのためにも入社後、皆さんには直属の先輩だけでなく、部署や会社の枠を超えた交流にも励んでほしいと思います。国内のみならずグローバルに活躍する機会も存分にあります。幅広い好奇心とチャレンジ精神を備えた皆さんと共に働けることを楽しみにしています。
当社グループは、様々な素材を社会の「力に変える」ことをビジネスとして展開し、製粉や加工食品事業だけでなく酵母やバイオ、プラントエンジニアリングなど様々なフィールドで、世の中に貢献してきました。ぜひ、皆さんの能力・志を当社グループで社会の「力に変え」、世界中に健康で豊かな生活を届けていきましょう。